必ず古書専門の買取へ
お札を数える男性

古書は大手の古本業者でも買い取りしてもらえますが、古書専門の業者のほうが圧倒的に高額査定になりますので、遠方の場合でも専門業者に買取依頼をしてみましょう。あまりにも遠い場合は、宅配査定も可能です。

Read more


自分ではなるべく触らない
一万円札

古書の買取は状態が命です。少しでも状態を良好に保つために、できるだけ自分では手を触れないようにしましょう。近くに業者がある場合は、出張査定してもらうのがおすすめです。

Read more


後世に伝え続けるために
お金の計算

古書は本当に愛してくれる人のところへ行くのが一番幸せです。古書買取専門業者から専門のコレクターの下へ渡るのが理想なので、必ず古書買取を利用しましょう。そうして人類の宝を後世に受け継いでいくべきなのです。

Read more


あのテレビ番組のごとく

財布の中のお札

ある人気テレビ番組に、視聴者が持ち寄ったお宝をプロの鑑定団が鑑定し、値段を査定する番組があります。一見ただの古い置物が数千万円の価値ということもありますので、見ているこっちまでワクワクしてしまいますよね。
あれはテレビの向こうの話だと切り離して考えていた方も多いかもしれませんが、実は貴方の家にも眠っている可能性があります。特に何も考えずに処分してしまいがちな古書に注意しましょう。

「古本」と「古書」の違いがわからない方も多いので、よく混同されるのですが、実際は全く異なるものになります。
古本は古くなった本で、基本的にはまだ出版されている物を指します。書店に行けば新品を購入できますので、古くなってしまった場合は単純に価値が下がります。
一方で、古書に関してはすでに絶版になっており、今後も出版される可能性がないものを指します。古書の場合は今出回っている分しかありませんので、必然的に定価よりも高い価値が付きます。中には数万円単位で取引されるものもありますので、もしかすると、家の物置の中に積んでいる本も貴重な古書である可能性があります。あのテレビのように、タンスの肥やしが高額買取してもらえる可能性がありますので、処分には慎重になりましょう。

古書の処分を考えている方は、古書専門の買取業者を利用しましょう。古書専門の買取業者なら、適正価格での買取をしてくれますので、一般的な買取店よりも高額査定になる可能性が高いといえます。
当サイトでは古書専門の買取業者の利用方法を紹介しますので、本を処分する際は必ず利用しましょう。